伊藤淳史の学歴と偏差値まとめ!法政大学と国府台高校出身!当時のエピソードまとめ

伊藤淳史の学歴や通っていた大学や高校の情報やエピソード、偏差値に関する情報を調べてまとめました。

伊藤淳史のプロフィール

  • 身長:162cm
  • 体重:49㎏
  • 出身:千葉県船橋市
  • 血液型:A型
  • 最終学歴:大卒

    伊藤淳史の学歴と偏差値まとめ

    • 大学:法政大学経営学部(偏差値:60)
    • 高校:千葉県立国府台高校(偏差値:64)
    • 中学校:千葉県船橋市立御滝中学校
    • 小学校:千葉県船橋市立金杉小学校

      伊藤淳史の代表作

      • ドラマ「電車男」山田剛司役
      • ドラマ「チーム・バチスタシリーズ」田口公平
      • 映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」和久伸次郎
        目次

        伊藤淳史の学歴は法政大学(東京都)偏差値60

        https://www.hosei.ac.jp/ichigaya/gaiyo/shisetsu/boissonade/

         

        伊藤淳史が通っていた大学は、東京都にある法政大学の経済学部です。

        〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1

        偏差値は60で、なかなかに難しい学部ですね。難関校と言えるのではないでしょうか。

        法政大学と同じ偏差値の学校

        • 筑波大学
        • 青山学院大学
        • 中央大学

        法政大学はグローバル化を牽引する大学で、他大学に先駆けて国際交流センターを開設しました。留学制度があり、1年または半年海外の学校で学ぶ事ができるようになっています。
        また学生の就職にも強い大学としても知られています。40万人を超える卒業生や都心に立地する強みを活かし学生の就職活動をサポートしています。

        伊藤淳史と同じ法政大学の卒業生

        名前 職業 進学先
        安座間美優 モデル 法政大学キャリアデザイン学部
        菅義偉 元首相 法政大学法学部

        伊藤淳史の大学時代のエピソード

        高校3年生の夏から猛勉強し仕事をしながら現役合格しました。

        進路について考えた時に、大学進学しなかった場合ただの「役者」になるということに抵抗を感じたそう。
        ずっと芸能界で生きてきて「学生兼役者」だったのが、自分の中から「学生」という素敵なブランドがなくなるだけで、ただの「役者」になってしまうことを嫌だなと思ったそうです。

        そして伊藤さんは学生でいられる時間は人生のほんの一部であることを考えると、その貴重な4年間を削ってしまうのはもったいないのではないかと感じます。
        それならば、この4年間で芸能界とはまったく関係ない分野、縁のないところで多くの人と出会い、さまざまな勉強をしてみたいと思い進学を決意しています。

        経営学部を目指した理由は今後の人生でプラスになるようなところがいいと考えたからだそうです。
        大学進学、経営学部で学ぶ中で役者以外の夢が見つかる可能性があるのではないかという気持ちを抱いていたと話していました。

        好奇心旺盛な女性
        こんなにたくさん考えていたなら、
        法政大学の経営学部で学びたい気持ちが強かったのかな?
        ゴシップ好き女性
        合格できたのが、法政大学だけだったんだって

        そうなんです、伊藤さんは数々の経営学部・経済学部を受験したのですが、合格できたのは1校だけなのだとか。
        滑り止め校も不合格で、合格を諦めながら受験した法政大学で奇跡が起きたそうです!

        合格できた理由の1つが、入試でよくある誰も解けないのではないかという難問に解答することができたからです。
        日本史の出題がたまたま前日眠る前に読んでいた部分かつ解答欄が選択式だったため正解することができたんですって。

        この奇跡により伊藤さんは法政大学生になったそうです。

        入学後は仲のよい3人の友人ができ、よく遊んでいたそう。
        車で大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンまで行ったこともあるんだとか。

        在学中から大河ドラマ「義経」や映画「海猿」に出演し多忙だった伊藤さんは講義を休んだ時には、ノートを貸してもらうこともあったようです。
        それでも単位を落とすことも多く、第二外国語の中国語は4年まで履修が残っていたそうです。

         

        大学4年の時に放送されたドラマ「電車男」の撮影で前期試験は1つも受けられないという事態になってしまったんだとか。
        この時に、卒業に必要な単位数を確認してみたところ1つも落とせない状況になっていることに気付き4年の後期は学業に専念したいと事務所に相談したそうです。
        しかしこの時すでにドラマ「西遊記」の撮影が入ってしまい卒業できるか崖っぷちの状態に。

        留年したら退学しようと考えていた伊藤さんは撮影中の4か月間、控室ではずっとレポート作成や勉強を続けていたそうです。
        事務所にお願いし、出席が必須の授業の履修と試験は受けさせてもらえることになり、試験期間中は飛行機でロケ地と大学を往復し、なんとか留年することなく卒業したそうです。

        伊藤淳史の学歴は県立国府台高校(千葉県)偏差値64

        Googlemapから引用

        伊藤淳史が通っていた高校は、千葉県にある国府台高校(こうのだいこうこう)です。

        住所:〒272-0827 千葉県市川市国府台2-4-1

        偏差値は64で、難関校と言えます。

        国府台高校と同じ偏差値の学校

        • 土浦日本大学高等学校
        • 同志社女子高等学校
        • 平安女学院高等学校

        国府台高校は文武両道の進学校です。
        学業面では進学補講などが行われ早慶・MARCHレベルの大学への進学者を輩出しています。
        部活動の活発で、インターハイや関東大会に出場している部活も多いようです。

        伊藤淳史と同じ国府台高校の卒業生

        名前 職業 進学先
        中村正人 ミュージシャン 青山学院大学文学部英文学科
        きたろう 俳優 中央大学文学部

        伊藤淳史の高校時代のエピソード

        高校1年生の時に撮影された「独立少年合唱団」で俳優活動を再開しました。この作品は高校2年生の2000年に公開され、第50回ベルリン映画祭アルフレート・バウアー賞を受賞しました。
        この映画がきっかけで、やっぱり芝居の仕事がしたいと思うようになったそうです。

        高校3年生の時にはNHKで放送されたドラマ「僕はあした十八になる」で主演を務めました。

        伊藤さんは高校時代、俳優活動の他にアルバイトもしており「バーミヤン」で働いていたそうです。
        厨房担当で今でもチャーハンは得意料理なんだとか。

        学校外での生活が充実していたようで、勉強する時間があまり取れず成績は悪かったようです。

        伊藤淳史の学歴は船橋市立御滝中学校(千葉県)

        https://www.city.funabashi.lg.jp/gakkou/0002/otaki-j/index.html

        伊藤淳史が通っていた中学校は、千葉県にある船橋市立御滝中学校です。

        住所:〒273-0853千葉県船橋市金杉6-5-1

        御滝中学校は部活動や学校行事に力を入れている学校のようです。進学よりも中学校生活の充実を重視している人に向いていそうな学校です。

        伊藤淳史と同じ御滝中学の卒業生

        名前 職業 進学先
        小笠原孝 野球選手 船橋市立船橋高等学校
        所司和晴 将棋棋士 千葉県立船橋旭高等学校

        伊藤淳史の中学時代のエピソード

        中学1年生の頃に撮影された映画「鉄塔 武蔵野線」で初主演を務めました。
        中学校在学中に「学校Ⅲ」や「みにくいアヒルの子」などの作品が公開されましたが、中学2年生~3年生の2年間伊藤さんは芸能活動を休止していました。

        サッカー部に所属し、サッカー選手を目指すほど打ち込んでいました。この頃に所属していた劇団も退団しています。
        本気でサッカーに向き合っていた伊藤さんですが、中学3年生の夏の大会であっさり負けてしまいます。
        この大会での敗戦でサッカーへの熱が少し冷めてしまいましたが、それでも高校もサッカーの強豪校への進学を考えていました。
        しかしご両親から進学校である国府台高校を勧められ強豪校への進学は諦めています。

        中学時代はサッカーに全力を注いでたい伊藤さんですが、中学3年生のときに在籍していた劇団のマネージャーから映画のオーディションの話が届きます。
        「絶対、伊藤君にいいと思う」と勧められオーディションに参加したところ、見事主演に抜擢されました。
        その作品が「独立少年合唱団」です。

        伊藤淳史の学歴は船橋市立金杉小学校(千葉県)

        https://www.city.funabashi.lg.jp/gakkou/0001/kanasugi-e/index.html

        伊藤淳史が通っていた小学校は、千葉県にある船橋市立金杉小学校です。

        住所:〒273-0853千葉県船橋市金杉8-10-1

        ZOOMやYouTubeなどのITを駆使した学習を進めている学校です。食育にも力を入れており地域の方々との連携も取られています。敷地内には広大なひまわり畑が広がっていますが、このひまわりは児童たちで育てているそうです。

        伊藤淳史の小学校時代のエピソード

        https://twitter.com/watasumi_net/status/1596122864792797185

        伊藤淳史さんは小学生時代「渡る世間は鬼ばかり」に出演していました。えなりかずきさんをいじめる、いじめっ子役でした。
        「愛しの刑事」や「本当にあった怖い話」など多数のドラマに出演する人気子役でした。

        小学生時代、走ることが好きで校内マラソン大会で優勝したことがあるそうです。
        その反面、水泳は嫌いで6年間で数回しか授業を受けていないんだとか。

        伊藤淳史の学歴はあすなろ保育園(千葉県)

        Googlemapから引用

        伊藤淳史が通っていた保育園は、千葉県にあるあすなろ保育園です。

        住所:〒274-0806 船橋市二和西2-6-1

        あすなろ保育園は健康な肉体づくり、知育に力を入れている保育園です。

        伊藤淳史の幼少期のエピソード

        3歳の頃に祖母の勧めで児童劇団に入団しました。
        ご両親は芸能界に入れるつもりはなかったそうなのですが、おばあさんが独断で動いてしまったそうです。

        4歳の頃から3年間バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげです」に出演していました。
        番組内の「仮面ノリダー」というコーナーで「チビノリダー」役で出演して一躍人気者になりました。

        2020年には当時共演していた木梨憲武さんのインスタグラムに登場し、30年ぶりにチビノリダーになった伊藤さんが紹介されました。
        懐かしの姿に当時のファンからも喜びの声が上がったそうです。

        5歳の時にはNHKの大河ドラマ「春日局」に竹千代役で出演しています。
        この他にも多くのドラマに出演し、人気子役として活躍していました。

        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        • URLをコピーしました!

        コメント

        コメントする

        目次